★西松屋値下げ情報更新中★
Twitter Instagram
フォローお願いします

やってよかった!産み分け成功して女の子を生んで思う、女の子の良さ

妊活
スポンサーリンク

産み分けをやってよかった!と思う

過去、お腹の子が男の子だとわかってショックを受けた話を書きました。

お腹の子が男の子でショックを受けること、人道的にみてありえない!と言われるかもしれませんが、これは仕方ないことだと思っています。まったく無欲な人間なんていないですし。

「妊娠できるだけ羨ましい」と思われる人もいるかもしれないですが、「妊活できるだけ羨ましい」「結婚出来るだけ羨ましい」「働けるのが羨ましい」とか、人によって悩みも羨ましいと思うポイントも違うし…。

うーん、何か話がずれてきたな。

 

ただ、私は女の子が欲しかったけど、一人目が男の子だった。だから2人目は女の子が欲しくて、産み分けに挑戦しました。っていうだけの話。

お金も時間もかかって大変だったけど、産み分けをして良かったと思っています。

 

産み分けをしてよかったと思うこと

正直、産み分けは大変でした。上にも書いたけどお金も時間もかかりました。

病院への通院・産み分けゼリーなどで月3万円程。

 

子供がいるとしょっ中通院するのも大変だし、専業主婦だったので金銭的にも楽ではありません。

でも、そこまでして頑張った理由は…やっぱり「娘を育てたいから」。それにつきます。

 

心のどこかに、産み分けを信じていない自分もいる。

と、産み分けしてよかった!と思ってはいるんですが…。

実際産み分けって確実に研究されている物ではないし、産み分け自体本当は無意味なんじゃないかな、って思う私もどこかにいます。

高い産み分けゼリーで、産み分け業界のカモになっている気もしています。。

 

それでも産み分けゼリーを使って産み分けしたのは、

「後悔したくなかったから」。

やらなくて後悔するより、やって後悔する方が絶対いい。

やらなければ、次も男の子だった時「あの時産み分けしていれば女の子だったかもしれない」とずっと引きずっていたと思うので…。

そう思って実践して来ました。

 

結果、運よく女の子を授かれて本当によかったと思います。

 

スポンサーリンク

女の子が産まれて、嬉しい!

出産した娘は、とても可愛いです。

…といっても我が家の娘はまだ2歳前なんで、そこまで性による違いもないと思いますが…。

 

遊びが可愛い

息子が1歳から車大好き!トミカ!車車車!働く車!電車!プラレール!と乗り物大好きだったのに対し、娘はぬいぐるみを抱っこしてよしよししたり赤ちゃん人形のお世話をしたり。

おもちゃコーナーでもぬいぐるみや人形に興味を示します。息子の時にはなかったなあ。

ずっと乗り物の遊びに付き合ってたので、こんな女の子っぽい遊びが何だか新鮮で楽しい(笑)

まあお兄ちゃんが車好き&車のおもちゃもたくさんあるので、車でも遊びますが…。

 

私が小さい時遊んでたリカちゃんハウスやぬいぐるみなど、思い出のおもちゃを使ってもらえるのも嬉しいです。

息子も少しは使ってたんですけどね。息子はやっぱり私の人形より弟のトミカやプラレール、レゴの方が好きなので。

 

洋服が可愛い

洋服も、息子もベビーサイズの時は可愛い感じの洋服を着せられていたんですが、100cmを超えた今は可愛いデザインの物もあまりなく…。黒、青、緑、模様はボーダーや車柄ばかり。

 

それに比べて女の子物は安くても可愛い物がいっぱいで楽しいです。西松屋のセールなんかは可愛い物が激安で沢山買えちゃうし、つい無駄使いしてしまいます。

大人顔負けのオシャレなデザインからリボンや動物モチーフの可愛い服、チュールでドレスみたいな服、花柄の服、ピンクの服、ディズニーやサンリオの服…。靴や小物も可愛い物だらけ。

シンプルなTシャツやズボンですら、模様や裾のレース・フリルが可愛い。

女の子の服は本当、見てるだけでも楽しいです。

 

甘えん坊

男の子は甘えん坊で、女の子はおませ。よく聞きますよね。

うちの息子は甘えん坊は甘えん坊ですが、パパっ子でもあるし基本的にさっぱりしてたので、人見知りとか「ママじゃなきゃだめ!」みたいなのはありませんでした。

男の子は甘えん坊とかいうのも、本当子供によるなあと思います。

娘は「ママじゃなきゃだめ」なタイプなので、大変だけどこれはこれで嬉しいです(笑)

 

女の子がいることが、嬉しい

女の子が欲しかった私。子どもが男の子しかいなかったら、「女の子が欲しかったなあ」とずっと後ろ向きのまま過ごしていたと思います。

男の子がイヤな訳じゃないんです。息子がいらないとかでは当然ない。

それとは別次元で、女の子がいることが嬉しいんです。

 

思い通りの女の子になるなんて当然思っていません。

男の子より大人しいのかな?なんて思っていたけど、1歳にして既に息子以上のやんちゃっぷり。

これから先が少し心配です…。が、それでも嬉しいです。

 

女の子いいわよ!攻撃が終わったw

男の子ママをしていると、「次は女の子ね」と言われる話をよく聞きます。

我が家は義母がこれを言ってくるタイプでした。

しかも「女の子じゃないとだめ」みたいなことを言ってくるんで、内心イラっとしてました。

 

義母のために産んだ訳じゃないですが、「女の子」攻撃が終わってちょっと安心しました。

でも今度は「うまいこと産んだわね」って毎度言われます。うまいことって何w

 

スポンサーリンク

最後に

子どもをうむことなんて一生に数回。

だからこそ、後悔しないためにお金や時間をかけて産み分けをしたこと、とてもよかったと思っています。

女の子育児、楽しんでいきたいです。

 



妊活
シェアする
猫田ちょ子をフォローする
スポンサーリンク
猫田ちょ子の西松屋とセール大好き!
タイトルとURLをコピーしました