2人目妊活【女の子産み分け】した私の体験談

妊活

女の子が欲しかった私。1人目が男の子なのもあって、2人目は女の子以外考えられませんでした。

そんな私が実践した2人目女の子産み分け話です。

【性別判明】女の子が欲しかったのに男の子だった!私の気持ち
昔から可愛い物が好きでした。ピンクとか花柄とか。 子どもも、確率なんて1/2なのに女の子が生まれると思ってた。 そんな私の第1子は男の子でした。 女の子が欲しい気持ちをものすごーーーーーく、こじらせた話です。 ...

 

スポンサーリンク

産み分け実践に至ったきっかけ

我が家は旦那も私も女の子希望でした。ところが、長男は予想外の妊娠で男の子。

2人目は是非とも女の子が欲しいと、産み分けにチャレンジしました。

息子は当然可愛いし
可愛がってますよ~!

因みに旦那は、「男は生きていくのが大変」だから女の子がいいそうです(゚ー゚;A

そんなレベルなので、基本的にどっちでもいいらしく私に合わせてくれますw

 

スポンサーリンク

私がやった産み分け

そもそも、産み分けとは?

 

排卵日の特定

病院で排卵日の特定。+生理不順だったので薬を処方してもらい、一緒に卵胞チェックもしてもらいました。そこから排卵日を判断して貰い、その1~2日前に仲良ししました。

よく言われているのは2日前ですが、私の場合1人目が計算上2日以上前で男の子だったので、1~2日前に設定しました。

診察の内容

●生理後5日目までに診察。(クロミッド処方)

●排卵日付近に診察。(1~3回。HCG注射。)

●排卵後にちゃんと排卵しているか確認の診察(HCG注射、デュファストン処方、ヒューナーテスト)

1月3~5回通院しました。

かかった費用

1カ月1万~2万円程。

生理不順だからか?妊娠希望での通院でしたが、保険が効いていました。

 

ピンクゼリーの使用

我が家が使用したのはハローベビーガールプレミアム。

ピンクゼリーだと仲良しの前に湯煎とかしないといけないみたいですが、ハローベビーガールだとさっといれるだけで簡単でよかったです。

プレミアムにしたのは、男性の体液が最も活動し易い最適な粘度になっているらしく、なかなか妊娠しなかった私たちにはちょうどいいかな?と思ったので。

 

洗浄剤のインクリアも仲良しの前に使用していました。

 

 

食事

コーヒー大好きな旦那の仲良し付近のカフェイン絶ち。私のクランベリーサプリも気休め程度に。

カフェイン好きな方はカフェインレスコーヒーがおすすめです~!

 

パーコールを選ばなかった理由

パーコール法って病院によってまったく違うんですよね。

成功率も、いまいち信用が出来ず…。

それなら自分で納得がいくよう産み分けをしようと思いました。

 

着床前診断を選ばなかった理由

普通にお金の問題です(笑)まとまった数百万はなかなか勇気がいりますよね。

産み分けしてる時点で十分選別はしてるのですが、「卵」になってしまうと何かもう愛着が沸いて、全部迎えたくなってしまいそうなのもあります。

 

スポンサーリンク

実際娘を授かった時

実は産み分けのセオリーとは真逆だった

1人目は予想外だったので、ちゃんと妊活するのは2人目が初めて。

元々生理不順だし、妊娠しにくそうだなあと思っていたので1週期目から病院に通い、卵胞チェックをして、「いい卵だしばっちりだね」と言われるタイミングで挑んだものの撃沈。ヒューナーテスト(仲良し後、無事妊娠できそうかの検査)の結果は最悪。それが3回位続き、4周期目で焦って産み分けを緩くしてしまいました。

排卵日4日前+2日前+当日の仲良し。当日に至っては使用していたゼリーを入れるのに失敗して少しこぼしてしまった上、あっさりではなく普通に仲良し。

そして妊娠しました。

 

突起が見えて凹んだ初期。なかなか性別確定できない中期。

妊娠12週頃かな?検診でお股に突起が見えました。男の子を覚悟して、不安定な毎日。

ところが、妊娠20週の頃先生に「女の子かもしれないね」と言われます。

でも女の子は確定が難しいらしく、そこから女の子の確定が出来ないまま里帰り先の病院(性別は教えてくれない)に転院になりました。

 

無事女の子を出産。

結局女の子かな?状態で確定はもらえぬままの出産。

無事女の子がうまれて、なかなか実感はわかなかったけど…本当に嬉しいです。

 

スポンサーリンク

私が思う産み分けのコツ

焦らない!

女の子、なかなか授からず、焦った私は上のように産み分けセオリーを無視して妊活→妊娠してしまいました。

運よく女の子だったからよかったものの(当日ではなく2日前の仲良しが効いたのか、それとも当日だけど運が良かったのか…)、もし男の子だったらずっと後悔していたことでしょう。

焦らずに自分の納得する産み分けをするって大事ですね。

でもこの焦らないがめちゃくちゃ難しいと思うんですけど(´∀`;)

 

お金のことは気にしない!

産み分けって、結構お金がかかります。

我が家は通院+潤滑ゼリーetcで月2~3万程かかっていました。

 

でも、「お金がかかるから…」で諦めてやらなかった時、後で希望と違う性別だった時後悔すると思うんです。「あの時こうしていれば、女の子だったかもしれない」って。

人を一人育てるのにかかる費用は3,000万とも言われています。産み分け妊活でかかる月3万円の1,000倍です。

我が家の場合は、兄妹になった場合は2人でおしまい。兄弟になったら3人目も頑張ると決めていたので、もし2人目が男の子だったら+更に3,000万かかることになります。

なので出来れば女の子を産んで、家族計画を終了させたい。

ここはケチる所ではないと判断しました。

 

スポンサーリンク

3人目の産み分け

今、我が家は3人目を考えています。

本当は上でも書いているように家族計画的には2人でおしまいのつもりでした。

でも子どもが2人とも可愛すぎたのと、息子の病気が大したことなかったこと。2人とも手がかからないこと。これが3人目を考えるきっかけになりました。

3人目は、2人目のようにがっつりは頑張らない予定です。

そりゃあ憧れだった姉妹は欲しいですが、2人目の時のように「何がなんでも女の子!」の気持ちは大分少なくなっています。息子の病気が大したことなかったことも大きいのかな。

3人目ゆるーく産み分け、頑張ります!

 

 

コメント

  1. […] 参考:https://ymdchoco.com/child/ninkatsu/20181214umi2 […]