★西松屋値下げ情報更新中★
Twitter Instagram
フォローお願いします

ボタン電池が爆発した話。対処法は?ボタン電池が起こした大きな事故も

今日は、我が家でボタン電池が爆発した事故です。

ボタン電池ってどの家庭にもある物だと思うので、是非1度読んでみてください。

スポンサーリンク

ボタン電池が爆発した話

夜中の爆発音…その正体はボタン電池でした

ある日の夜中、爆発音がしました。結構大きな音で、犬もびっくり。

だけど、何の音だったのかはよくわかりません。

家の中?いやでも家の中で爆発なんかする?

みたいな…。

 

そして次の日、爆発音の正体がわかりました。

ボタン電池でした。

この右側のが爆発したと思われるボタン電池です。黒く焦げています。

そして左の物が一緒に置いてたボタン電池。液漏れのような跡があります。

そして写真ではわかりにくいですが、少し膨らんでいます。

これは爆発する前の状態のようです。

 

爆発を予防するにはどうしたらいいの?

爆発を予防するには、ボタン電池を絶縁させることが必要みたい。

この写真のように、セロハンテープやビニールテープでくるっと巻くといいようです。

 

私は使用済みのボタン電池を3つ程ビニール袋に入れて、捨てる物のカゴに入れていました。(他にもボタン型じゃない乾電池、使用済みライター、使用済み電球などが入っていました)

電池のごみって滅多に出ないし、捨て方も面倒臭いので「後でまとめて捨てよう」と思って集めがち。だけど、1個1個きちんと絶縁して、早めに処分してしまう方がよさそうです。

 

ボタン電池同士だけではなく、ヘアピン・コイン・鍵などの導電物と一緒に保管するのもNG。

 

そして、これはボタン電池だけでなく、普通の乾電池にもある危険のようです。

 

今回の我が家では爆発しただけで大きな事故にはなりませんでしたが、ボタン電池の爆発は時に大きな事故を誘発してしまうこともあるようです。

調べていて怖かったので書いておきます。

 

スポンサーリンク

ボタン電池の爆発から起こった事故

2018年の11月、コーナン千里山田店がほぼ全焼する火事が起こったのがニュースになっていました。

この火事の原因はボタン電池による出火だと言われています。「使用済みのボタン電池をビニール袋にまとめておいていた」らしいんですね。

出火前の様子の録画を見ると、その(ボタン電池を置いた)場所から火花が散っていたそうです。

 

コーナンって大きいですよね。そんな大きな店舗が、小さなボタン電池で全焼してしまったんです。

考えるだけで怖い。これは私たちの家でも起こりうる事故ですよね。

 

 

スポンサーリンク

ボタン電池の取り扱いには細心の注意を

ボタン電池を使う機会って意外と多いです。子供のおもちゃにもよく使われています。

そんなボタン電池を処分する際は、くれぐれも気を付けてくださいね。

取り出したらすぐ絶縁(テープを両面に貼る)して早めに自治体で決められた方法で処分してください。

 

 



生活家電
シェアする
猫田ちょ子をフォローする
スポンサーリンク
猫田ちょ子の西松屋とセール大好き!
タイトルとURLをコピーしました