★西松屋値下げ情報更新中★
Twitter Instagram
フォローお願いします

赤ちゃんと犬猫動物が一緒に暮らすには?我が家の対策。

9/14通販にて西松屋夏物再値下げ増えてます
▶Tシャツ199円~
▶肌着、ステテコ299円
▶パジャマ399円~
▶甚平499円
▶水着499円~
通販派の方、もう残り少ないのでお早めに!
西松屋【楽天市場店】
西松屋キッズ【楽天市場店】
西松屋 公式【au PAYマーケット店】icon
西松屋キッズ【au PAYマーケット店】icon
西松屋【Yahoo!店】(PayPayモール)
犬・猫

我が家には犬と猫がいます。

赤ちゃんが出来た時、心配だったことが「子どもと赤ちゃんが一緒に生活できるのか」。

気を付けたことなど、体験談をまとめます。

我が家はを飼っています

スポンサーリンク

動物と赤ちゃんが一緒に暮らすこと

ペットと赤ちゃんが生活するのに便利だった物

ベビーベット

赤ちゃんと犬猫を同じ空間にいさせないために、ベビーベッドはいるだろうと準備していました。我が家は寝室に置いていたのですが、実際は子どもと一緒に添い寝することが多く、あまり使わなかったんですけどね。

猫はベビーベッドでも乗ってしまうし、犬はベビーベッドに入れないよりも赤ちゃんのいる部屋に入れないようにする方が簡単でした。

 

ベビーゲート

これはとても役立ちました。

犬と赤ちゃんの場所をきっちり分けることが出来ます。

子供が階段や入ってほしくない部屋に行ってしまうのも防げます。

 

ベビーラック

我が家はリビングではベビーラックに乗せていました。

寝ている時は寝室で寝かせていましたが、起きてる時&台所で何か作業をしている時に寝室に1人にしておくのもどうかと思ったので…。

高さがあるので、犬もいたずら出来ません。犬猫共にたまにジャンプで登るので注意はしていました。

 

空気清浄機

犬猫と生活するにあたって、一番気になったのは「空気」。

どうしても動物の毛って抜けますよね。でも、産後のママがこまめに掃除するのは大変です。

なので空気清浄機がとても役立ちました。

 

息子の動物アレルギー

息子が生後2か月の頃、顔に湿疹ができ始めました。最初はただの乳児湿疹と言われていたのですが、日に日にひどくなっていきます。

そんな中、行ったアレルギー検査で「犬猫アレルギー」の結果が出ます。

 

当時住んでいたアパートは2DK。

当然、だからといって犬や猫と一緒に暮らさない訳にはいきません。

結果空気清浄機を増やし、こまめな換気と掃除を行い、なるべく別の部屋で過ごさせるようにしました。

 

2歳頃にはアレルギーもましになったので、今は特に気にすることなく生活してます。

 

1番大変だったのは、トイレと水飲み場

犬と猫の住み分けで、私が一番困ったのは「トイレと水飲み場」問題です。

子どもが生後7~8か月も過ぎると、子供の行動範囲がかなり広くなります。部屋の床で遊ばせているとずり這いやハイハイで犬猫のトイレまで行ったり、水飲み場(我が家はピュアクリスタルを使用)の流れる水で遊んだり…ととにかく悪戯をしました。

ピュアクリスタルってこんな感じの。水が流れてるので犬猫がよく飲んでくれるんですが、水が流れてるのが子供的に楽しいんでしょうね…。。

 

かといって柵の向こうに置いてしまうと、いちいち犬がトイレや水を飲みに行く度に柵を開けなきゃいけないので無理。

子供がまだあまり動けない時は、犬が飛び越えられる程度の高さのスツールを置き、「犬猫は通れるけど赤ちゃんは通れない通路」を作って、犬猫のトイレや水飲み場は子供が行けない場所に避難させていました。

 

まあこの方法も、子供がスツールに登ったり動かしたりするようになったら使えませんが…。後は2歳前まで「トイレと水飲み場には近寄らないように気を付ける」を徹底していました。というか、それしか出来ませんでした。

 

我が家は途中で上から猫トイレに替えたのですが、ぱっと見砂が見えないからかあまり猫のトイレに興味は持たなくなりました。ただ、猫が入る瞬間を見てしまうと覗いてしまいます…。

 

2歳前後位からは、トイレに近寄ったり水で遊んだりはしなくなった気がします。

 

スポンサーリンク

我が家の犬猫と赤ちゃん

※犬猫の性格によるので、こうなるとは限りません。我が家の場合です。

犬と赤ちゃん

犬は赤ちゃんに興味津々でしたが、吠えたりすることはありませんでした。

ですがやはり自分より下と順位付けをしているのか子供が新入りだからか、子供が犬を触りに行くと威嚇することがあります。

 

猫と赤ちゃん

私が気にしていたのは猫と赤ちゃんでした。猫はジャンプ力が高いので、ベビーベッドに入れてしまいます。ベビーベッドに入って赤ちゃんにイタズラしないか心配していました…。

 

実際は赤ちゃんが来た当時は気にしていましたが、基本的にビビリなので遠巻きで見るだけ。慣れたらベビーベッドに入ってきて足元で寝たりしていましたが、赤ちゃんに怪我をさせたりちょっかいを出すことはありませんでした。

 

現在

今子供2人が3歳1歳になりました。動物に興味津々な子どもたちですが、猫は触りに行っても逃げたり怒ったりしません。まあ多少はイヤがっていますけど。

基本的に犬も猫も大好きで、抱っこしたり撫でに行ったりとてもかわいがっています。

子どもたちが犬や猫と過ごせていること。それは子供にとって、いい経験になってくれてるといいなぁと思うのでした。

犬猫と赤ちゃんとの生活は大変ですが、子供にはいい経験をさせてあげられると思うので…お互い子育て頑張りましょう!

 



犬・猫
シェアする
猫田ちょ子をフォローする
スポンサーリンク
猫田ちょ子の西松屋とセール大好き!
タイトルとURLをコピーしました