犬がマムシに噛まれた!大丈夫?治療の経過から治るまでの体験談

 

少し前の話ですが。散歩していたら、犬がマムシに噛まれてしまいました…。

そんな犬がマムシに噛まれた時の体験談をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

犬がマムシに噛まれた体験談

噛まれた犬:はな、たろ

共にぽっちゃり目の小型犬で、体重6kg位。

犬がマムシに噛まれた!

とある10月の秋の日。自然の多い公園を、4匹の犬を連れて散歩していました。

 

最初は普通に歩いていたんですが、その内の1匹、はなが急に歩かなくなりました。

この子は、散歩中でも疲れるとすぐ休憩する子。だけど、その日は何だか様子がおかしい。

よく見ると、後ろ足を引きずっています。そして、伏せをしたまま動かなくなりました。

 

仕方ないのでその子を抱っこして、他の犬を歩かせながら駐車場まで向かいました。(公園までは車で来ていた)

すると、今度は歩いていた3匹の内もう1匹、たろがお座りをして前足を挙げた状態(お手みたいな状態)から動きません。

このたろ、お手が出来ないのでこんなポーズをするのは初めてみました。

そのあげた前足以外の3本で一生懸命歩こうとしている所から見ると、前足に何かあったのか?

 

よくわからないまま、そのまま2匹を連れて近所の動物病院へ。

 

病院での診察結果

病院での診断は何と、

 

マムシに噛まれている

 

でした。

 

 

2匹とも足を痛そうにはしていましたが、特に大声で鳴いたりすることはありませんでした。

なのでびっくり。

気付かない間に、いつの間にか噛まれていたようです。

 

時間は夕方。薄暗くなり始めてるかな?という時間帯でした。

草むらはあるけれど、散歩をしていただけなので基本は道を歩いていた私と犬。

いつ噛まれたのか、全くわかりませんでした。

 

どうやら先に歩けなくなったはなが先に噛まれたらしく、傷も重症。元気もなくぐったりしています。

次に噛まれたたろは、後に噛まれたのでマムシの素も少なかった?ようです。ただ、前足の皮膚の薄い所を噛まれているらしく、それなりに重症。

2匹ともステロイド注射(だったかな)を打ってもらい、抗生物質の薬を貰って帰りました。

 

普段は1階のリビングをメインに+たまに2階の私の自室で生活している4匹のわんこ。

怪我をしているたろとはなの2匹は、2階の部屋に柵をつけて、ゆっくり静養させることに。

傷をさわらないように、エリザベスカラーは必須です。

 

2日目。

2日目、朝起きたらはなの寝ていた場所が血まみれ。

びっくりして朝一で病院にかけこみました。

 

これは、治っている経過での出血ということで、大丈夫ということです。

「マムシの溶血毒にやられた血が、体液と混じって皮膚の隙間から外に流れ出てきている」

と説明されました。

 

食欲もあるし、昨日は痛みのせいかショックのせいか診察台に乗せてもされるがままで声を出さなかったのに、今日は声も出るようになっています。

ちょっとは治ってきているみたい。

 

因みにたろの方は、1日でベッドの上り下りが出来る位まで回復しました。ただ、前足は腫れています。

 

3日目

はなとたろはまだ調子が悪く、外に連れていけなかったのですが…。

我が家にはまだあと2匹犬がいたので、その2匹を父が散歩に連れていってくれました。

 

その気配を察した散歩大好きなはな。散歩に行きたいあまり、まだ後ろ足も地面につかない状態で脱走防止策を飛び越えて、階段も降りて玄関まできちゃいました。

昨日まで殆ど歩かなかったはなが、ここまでジャンプとかしちゃうのも回復してきた証拠かな?

 

まだ血は出ていますが大分歩けるようになって、部屋中を血まみれにしてくれましたw

噛まれた場所は黒くなって、まだまだ痛そうです。

元気も出てきたみたいなので、静養はおしまい。またリビングメインの生活に戻しました。

 

はな、昨日まで本当にぐったりしてたんですよ。回復力にびっくりです。

たろの方は大分腫れも引いてきました。

 

5日目

経過を見せに病院へ。

たろの方はもう大丈夫とのことで、追加の薬は無し。

先に噛まれて毒素が多く入ったであろうはなのみ、追加のお薬が出ました。

 

2匹ともこの日から散歩解禁の許可も出ました。

 

7日目

はなはかまれて以来後ろ脚を地面につけて歩けなかったんですが(ずっと引きずってた)、もう殆ど足をついて4本足で歩けるようになりました。

自分で座るのもジャンプも、前と変わらない位出来るようになっています。

 

後は噛まれた場所の皮膚が再生して、皮膚の壊死(しているらしい)が剥がれたら完治、ということです。

たろは手の先だったので壊死も少しだったけど、はなは太ももを噛まれているので太ももが5cm四方、大きく壊死しています。

なのでもうしばらくエリザベスカラー生活。

 

そして今

傷が完全に治ったのがいつか、覚えていないのですが…。

それ以降はいつもと変わらない生活が出来、順調に回復しています。

今では毛も生え、マムシに噛まれた場所もよくわからない位。

 

ただ、それ以来飼い主の我が家は、散歩中マムシに出会わないよう注意するようになりました。

 

スポンサーリンク

マムシに噛まれたらどうすればいい?

マムシといえば毒蛇。マムシに噛まれると、もう死んでしまうんじゃないかとか、ものすごく怖くて完治まで気が気じゃありませんでした。

 

ですが、その時お医者さんに言われたのは、「犬はマムシの毒に対する耐性がある」ということ。

「すぐ病院に行って適切な治療を受けることで、しっかり治ることが多い」とのことでした。

現にうちのたろ・はなも、噛まれた傷の深さによって時間はかかったものの、無事完治して特に後遺症もなく生活出来ています。

 

なので、もしマムシに噛まれた疑いのある場合は、すぐ病院に行って適切な治療を受けてください。

ただ、最初は患部も腫れていないし、周りにマムシもいなかったし、素人目には「マムシに噛まれた」とはわからなかったです。上にも書いた通り急に2匹が歩かなくなったことに違和感を覚え、病院で先生に見て貰ってわかりました。

「外で急に歩かなくなった」「マムシに噛まれた疑いがある」時は要注意かな?という感じ。

 

春から秋にかけて、外で出会う可能性があるマムシ。

犬のお散歩の時は、お互い気をつけましょう…!

(勿論人間も、です。)