★西松屋値下げ情報更新中★
Twitter Instagram
フォローお願いします

酷い乳児湿疹からアトピーになった息子の経緯と写真。

0歳

※一部閲覧注意の写真があります。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

息子は、酷い乳児湿疹で苦しんでいました。

息子は、0歳の頃に酷い乳児湿疹が出来、それが中々治らないままアレルギーと診断され、0歳代の間はずっと湿疹との戦いでした。

今はもう治ったのですが、私の乳児湿疹対策と息子の経過を載せます。

 

乳児湿疹とは、顔や体の一部など、乳児期の赤ちゃんに見られる湿疹の総称。生後2~3週間から2ヵ月頃に多く見られる。

出展: ウィキペディア

赤ちゃんの肌はデリケート。新生児の頃でも、油断するとすぐ湿疹ができます。

下に書きますが、我が家は生後1か月頃できた湿疹が、1歳半頃になるまでずっと治りませんんでした。

 

スポンサーリンク

息子の乳児湿疹の経過

生後1か月頃

生後1か月の頃。乳児湿疹ができ始めました。フケのような白い固まりが眉毛の辺りにできます。

生後1か月過ぎにに別件で行った病院で、「しっかり洗ってください」と指摘されたので、しっかり洗うことに。

(初めての子だったのと、病院での沐浴指導で優しく洗うように言われてたので、しっかりごしごしは出来ていませんでした。)

すると白い塊の汚れは徐々に取れていきました。

 

この写真は3か月頃。白い塊はつかなくなったけど、この頃ぶつぶつが気になるようになってきました。

最初は顔(おでこ)周辺だけだったのが、徐々に全身へと広がっていきます。

 

生後6か月頃

肌の荒れがなかなか治らず、皮膚科に行って薬を貰いました。

ステロイドを塗って回復するものの、またすぐ同じような状況に戻ってしまうので、

「アレルギーが疑われるので小児科に行ってください」と言われ、小児科に転院。

 

小児科ではアレルギーの検査をしました。この時生後8か月位だったかな。

アレルギー検査の結果は、牛乳・卵・ハウスダスト・犬・猫。

特に卵が酷く出ていました。

 

生後10か月頃(1番酷かった時期)

これは生後10か月頃の写真です。

この写真ではまだマシですが、ほっぺもじゅくじゅくになり、本人もかゆいのかずっと掻きむしってすごく可哀想な状態でした。濡れているように見えるのは保湿剤です。

頭をかかないように手に手袋や靴下をはめたりしていましたが、この頃になると自分で取ってしまいます。

 

この頃には小児科に2週間に1回ペースでかかっていたので、ステロイドで治す→また荒れて悪化する、の繰り返しでした。病院で貰ったアレルギーの薬も飲んでいました。

乾燥する冬は特に酷くなるのが普通だそうですが、息子の場合は夏でも酷かったです。

 

1歳過ぎ

1歳と1か月で断乳。

それからもずっとステロイド→保湿→悪化してまたステロイドの繰り返し。

 

そして、1歳半位で大分乳児湿疹が目立たなくなりました。

でもまだお風呂上がりには乾燥している気がしたので、石鹸はアトピタ+保湿は欠かせません。

 

2歳過ぎ

保湿をさぼっても、あまり乾燥しないように。(全く乾燥しないことはないので、保湿はしてます)

そして肌もつるつる!子どもらしいすべすべのきれいな肌になりました。

上のように、酷い乳児湿疹の面影はありません。跡も残りませんでした。

食物アレルギーももう気になりません。4歳を過ぎて、卵や牛乳も食べられるようになりました。

 

スポンサーリンク

乳児湿疹になってから気を付けたこと

病院にかかった

乳児湿疹がひどくなってきてから病院にかかりました。私の住んでる自治体は乳児は1月200円。

息子は
●肌荒れを治療するためのステロイド(塗り薬)
●保湿液のプロペト(白色ワセリン)
●ヒルドイド(プロペト程べたべたしないので、頭皮の保湿用)
●アレルギーの薬(粉薬)

を処方してもらっていました。診察代+薬代で200円でした。

 

何科にかかればいいの?

私は最初皮膚科にかかりました。

ですがなかなか治らず、アレルギーが疑われる?とのことで小児科に移りました。

そして小児科でアレルギー検査をして貰い、アレルギーの薬や保湿剤を処方して貰っていました。

 

先生曰く、「ただの皮膚疾患なら皮膚科で大丈夫。だけどアレルギーが疑われる場合は小児科。」とのことでした。

乳児湿疹自体よくある症状らしく小児科のお医者さんも慣れておられるので、最初から小児科に行ってもよかったかも。

 

ステロイドは怖い?

子どもにステロイドを使うのは抵抗がある…なんて声も聞きますが、酷い湿疹で掻きむしっている姿を見るのはかわいそうだと思ったので私は使いました。

ステロイドを使うと、ぐじゅぐじゅに荒れた肌が2,3日でよくなってきます。

私のかかったお医者さんは、「ステロイドで短期間で治して、あとは保湿をしっかりする方がいい」という考えでした。

お医者さんの指示に従って使うのであれば、ステロイドは怖くないと思っています。

うちの息子も、特に副作用などなくキレイに治って感謝しています。

 

とにかく保湿!

病院でも言われるのがとにかく保湿。

朝に塗って、後は乾燥を感じたらこまめに塗る。とにかく何度も塗るよう病院で指導されました。

勿論全身です。プロペトは多少なら体に入っても大丈夫なので、口の際まででも塗って大丈夫とのことでした。

 

また、お風呂上がりはお湯を拭ききる前(まだしっとりしている間)に塗る方が効果的とのこと。

頭の髪の毛が多い部分はプロペトだと粘度が高くて塗りにくいので、息子はヒルドイドを処方されました。(ただしヒルドイドは薬なので、息子の場合1日2回)

 

石鹸を変えた

我が家で使っていたのは、


ピジョン 全身ベビーソープ泡 ボトル 500ml ボディーソープ  02P03Dec16

こちらのピジョンベビーボディーソープ。安いし使いやすいしどこでも買えるしで、良かったのですが、お風呂上がりのかさかさが気になりました。

なので、石鹸をかえました。色々な口コミを見て選んだのがこれ。

アトピタのボディーソープ。

これに変えて大正解。お風呂上がりのかさつきが減り、湿疹の悪化がマシになりました。

冬場は3歳の今でも使っています。少し高いですけど、ベビー用品店やホームセンター等にも置いています。息子の場合はこれでかなり改善されたので、すごくおすすめです。

 

しっかり洗う

病院では「しっかり洗う」よう指導されました。

沐浴の時は「ガーゼを水にぬらして、その水で石鹸や汚れを落とす」よう習いましたが、1カ月検診で乳児湿疹を指摘されて以来、泡でしっかり洗う+頭から洗面器やシャワーでお湯をかけてしっかり洗い流すようになりました。

お医者さん曰く「頭から一気に水をかける分には、窒息することはないから大丈夫」とのことです。

 

空気清浄機

息子の場合は動物アレルギーがあったので、空気清浄機も役に立ったと思っています。

動物を飼っている方、ハウスダストが気になる方にはおすすめです。

赤ちゃんがいてほこり一つ残さない掃除なんて無理なので、我が家は空気清浄機頼みです。

ウイルス対策にもなっておすすめ。

 

スポンサーリンク

最後に

私の息子は上の写真のように本当に酷い乳児湿疹でしたが、2歳になる前には湿疹も殆どなくなり、5歳になった今ではもうすべすべ肌です。

動物アレルギーも緩和して、一緒の空間に暮らしていますがそっち大丈夫。卵と牛乳の食品アレルギーも大丈夫。

なので、そんなに心配しなくても大丈夫。

病院に行って、しっかりお医者さんの指示に従ってしっかり治してください!

 

タイトルとURLをコピーしました