福知山脱線事故について思うこと

体験談

4月25日といえば、福知山脱線事故があった日。

毎日使っていた路線でこんな大きな事故があって、本当怖かった。

対して影響は受けてないんですけど、この事故の1つ後の電車に乗っていた私の体験談と思うことです。

スポンサーリンク

JR福知山線脱線事故について思うこと

JR福知山線脱線事故とは?

JR福知山線脱線事故は、2005年4月25日に西日本旅客鉄道の福知山線塚口駅 – 尼崎駅間で発生した列車脱線事故である。乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷した。

ウィキペディアより

JR福知山線は、伊丹市・川西市・宝塚市・西宮市北部・三田市等の住宅地を神戸・大阪へと結ぶ路線です。大阪駅まで30分未満ということもあり、仕事や通学の人で大変混み合います。

他にこの路線は阪急列車も走っていますが、阪急列車だと時間がかかるので、この路線を利用する人は非常に多いです。私も自分自身は勿論、知り合いも多く利用していました。

 

そんな親しみのある電車で、こんなに大きな事故。

びっくりしました。

 

私のJR福知山線脱線事故の日

私は当時、通学で毎日福知山線を利用していました。

父も通勤で毎日利用していました。

 

当日は、その電車の1本後の電車に乗っていた私。

途中の駅で、急に電車が止まりました。そして、そこからなかなか動きませんでした。

 

色んな人から携帯に無事の確認の電話が入ります。

まだ当時は今ほどネットも充実してなくて、ガラケーだったし映像もないし「大きな電車事故が起きたらしい」としかわかりませんでした。

 

いつまで待っても動かないので、当日は学校を諦めJRが出した臨時バスで最寄り駅まで帰宅。

家に帰ってテレビでニュースを見てびっくり…こんな大変なことになってるなんて…。

 

電車に乗るときは1両目に乗る派なので、もし1本前の電車に乗っていたら…と背筋が寒くなりました。

遠い世界の話じゃなくて、毎日乗っていた路線だったので。

 

幸い身近に亡くなった人はいませんでしたが、あの列車に乗っていた知り合いはいます。大怪我を負い体に障害が残った知り合いもいます。電車に乗れなくなった知り合いもいます。

本当に怖い体験でした。

 

事故の後の電車不通期間も大変だった

当時学校まで2時間半かけて通っていた私ですが、あの路線が使えなくなったことで遠回りすることになり、電車が再開した6月まで2か月程通学に3時間以上かかっていました…。

しかもその影響で終電が30分程遅くなったことで、人手不足だったバイト先も30分余計に働くことに。

毎日帰宅は1時半、家を出るのは6時前の生活が2時間続き………

もうぼろぼろ。いくら若くても無理はだめですね。よく寝過ごして遠くまで行ってました。

 

父も電車で1時間半かかってたのが、それ以来早朝混み合う道を車通勤。お互い大変だったと思います。

 

電車の再開

上にも書いたけど、電車が再開したのは約2か月後の6月頃。

結構福知山線って飛ばしていたイメージなんですが、事件後はゆっくりになりました。特にあのカーブの場所は、わかりやすく速度が落ちました。

まだ普通に立ってる、ぽっかりと空いた事故現場のマンションの1階部分が、何だか不思議な感じでした。

 

JR福知山線脱線事故について思うこと

もう14年も経つんですね。私も年を取る訳だ。あ、計算しないでくださいねw

もう今は引っ越しして電車に乗ることも減り、少しずつ記憶から薄れていっているけど、電車で通る時は思い出します。(実家があるのであの列車にはまだたまに乗る)

そして、あのカーブではつい跡地を見てしまいます。

 

乗り物系の会社で働いていたのもあり、つい考えが運転手さんよりになってしまう。

私はやっぱり、運転手さんが嘘の報告をしなきゃいけなかった状況・急がないといけない状況を作った会社の責任は大きいと思う。

人間って絶対ミスはするものだし、日勤教育みたいなのがあったなら、そりゃあ少しのミスでも怖いですよね。取り戻そうと必死になるはず。

 

また会社だけでなく、遅れるとクレームを出すお客さんも多くいます。

だから運転手さんも急ごうと頑張った。

その結果、乗客をも巻き込む大事故になってしまった。

 

勿論運転手は悪いです。急ぐあまり一番大切な安全について忘れてる。

かといって運転手ばかり責められない。

まさか運転手もこんなことになるなんて思ってなかったでしょう。

本当にどこのことを考えても辛い。そんな事故でした。

 

電車は当然安全だと思って安心して乗っています。(飛行機とかもそうですね)

その信頼を壊すようなことは、二度とあって欲しくないと思うのでした。

 

スポンサーリンク

最後に

電車は生活に必要不可欠。福知山線は通学に5年間使っていたこともあり、とても愛着のある路線です。

神戸や大阪も早く行ける、私の生活にはなくてはならない路線でした。

だからこそ、これからは事故なく平和であって欲しい。これからもJRには頑張って欲しいです。

 

最後になりましたが、この事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りしています。