中学生から白髪が出来る、若年性白髪の体験談。

体験談
スポンサーリンク

中学生から白髪があった、若年性白髪の私。

今日は若くて白髪に悩んでいる人に読んで貰いたい話。

 

私、どうも若白髪体質みたいで…。

中学生?位の頃から白髪がありました。

 

ケアし出したのが中学生の頃で、小学生の頃にはもうあったんだったかな。覚えてないけど。

少しだけじゃなくて、結構ごっそりありました。

特に中にいっぱいあったんで、ハーフアップにしたら中の白髪がめちゃくちゃ目立ってしまう感じ。

 

そして、私だけじゃなくて弟も同じように白髪の多い体質でした。

 

当時はネットで解決策を調べたりはしなかったのですが(まだそこまでネット検索が普及していなかったので)、今見ると色々なサイトが検索にHITしますね。

「規則正しい生活をしましょう」

って書いてある所が多いのかな?

 

私が中学生の頃なんて、超真面目だったし規則正しい生活しかしてなかったですよ。

当時はまだガラケーだったし、そもそも私は携帯すら持ってなかったし。

田舎の農家だから野菜も多い食卓で、親も毎日ご飯を毎食作ってくれていたし、おやつも殆ど食べてなかったし。

夜はきつくない程度に筋トレをして、早めに就寝。

 

勿論弟もそう。弟なんて運動部だったから運動もしっかりしてたし。

ストレスとかは、普通に生活していく上で全くなし!という訳にはいかないと思いますけどね。

 

私は髪の毛をロングにしていたので、「髪の毛に負担がかかっているんじゃない?」なんて言われてもいましたが、弟は当然ショート。運動部なのでかなり短髪。それでも白髪は多かったです。

 

なので…若白髪、私はやっぱり「遺伝」だと思います。

原因が気になるかもしれないけど、あまり悩み過ぎると逆にそれもストレスになっちゃいそう。

 

という訳で、こんなことで悩んでるのは時間の無駄!

10代なんて、遊びに勉強に忙しいんだから、そっちに時間を使うべきだと思います。

さっさと白髪染めをおすすめします。

 

最初は1本1本気になって抜いたりしていたんですけど、

(「抜くと増える」とか言いますが、「増えたらまた抜けばいい」なんて無駄な前向きさで気にせず抜いていました。笑)

髪の毛って自分の後ろとかは全然見えないので抜きにくくて。

 

結局、染めてしまうのが1番楽です。

 

私も弟も中学生時代から白髪染めをしていました。

勿論、中学校は髪の毛を染めることは禁止されています。茶髪に染めた子は当然お呼び出しコース。

ですが、私は染めても先生には何も言われなかったです。黒染めだったからだと思います。

流石に白髪染めを「ダメ」という所は少ないと思うんですが…不安なら先生にこっそり確認するといいと思います。

 

白髪染めの方法

私と弟は家で親に手伝って貰って染めていました。

こういう感じの、ドラッグストアで1,000円かからずに購入出来る普通の市販品の白髪染めです。

 

親に手伝って貰えるなら普通の塗るタイプが良いですが(気になる所をしっかり染められるので)、1人だったり簡単に済ませるなら「泡」で染めるタイプがおすすめ。

1人でもムラが少なく、キレイに染められます。

 

後は美容院で「白髪の目立たない髪型にしてもらう」という手もありますが、学生だとセットの方法も限られると思うし、個人的にはやっぱり黒染めしてしまうのが一番楽かな、と思います。

 

スポンサーリンク

最後に

若白髪は本当、遺伝と体質による物だと思います。

中学生時代から白髪が多かった私、それから高校・大学と進み、アラサーになった今でもずっと白髪が多いです。

 

中学生の時って、髪染め=だめなことみたいな感覚がありました。

だけど、白髪で悩む位ならさっさと染めてしまえばいい。

私も弟もずっと白髪染めをしていますが、今のところ特に頭皮や髪の毛に問題は出ていません。(それは個人差で私の髪の毛が強いだけなのかもしれないですけど。)

 

茶髪や金髪にする訳じゃなくて黒に染めるんだから親もわかってくれると思うし、まずは親に相談してみて欲しいと思います。