猫のおしっこがまた出ない…。今回は尿結石じゃなくて膀胱炎でした。

何かとおしっこトラブルの多いうちの猫。

今度は膀胱炎になったので経緯を日記に残しておきます。

 

 

スポンサーリンク

膀胱炎になったうちの猫

うちの猫と尿結石

うちの猫は、過去尿結石になって以来尿道のトラブルがちょこちょこあります…。

なので、対策として尿結石になって以来ご飯はずっと尿結石の療法食。

少し値段は高いですが、どの病院の先生も「c/dを食べているなら尿結石の心配はないね」と言ってくれる位、このヒルズのc/dは尿結石に効果的なキャットフードのようです。

勿論、これ以外におやつなどの間食は一切させません。ちょっとでも食べると、尿結石になる恐れがあるので。

それ位、尿結石には気をつけています。

 

これを食べ始めて以来、本当に尿結石になることはなくなりました。

(過去数回尿結石になり、尿結石が原因で数十万かけて入院までしているうちの猫です)

 

なのに、今回久しぶりにおしっこが出ない…。

おしっこは2日出ないと命に係わるので、慌てて休日診療の病院にかかってきました。

 

おしっこが出なくて受診した結果

今回おしっこが出なくて受診したうちの猫。

…というか、おしっこはしたと思ってたんです。床に濡れた後があったので。それも結構沢山。

でも今思えば、あれは嘔吐だったのかも…。

 

でも、変な所でおしっこしようとしたり(うちの猫はおしっこが出ないとトイレ以外の場所でおしっこのポーズをする)、普段行かない場所で休んでいたり、やたら甘えてきたり…と何となく様子がおかしいので念のため病院を受診してきました。

 

猫を見て貰って、まず触診をして貰ったんですが…

先生に「膀胱がぱんぱんだわ」、と。

うーん、、、やっぱりおしっこが出てなかったのか。。

 

治療としてカテーテル?を膀胱に通して詰まっている尿道を通し、貯まっているおしっこを出して貰うんですが、そのカテーテルがなかなか通らない。。。

何とか通して貰って、とりあえず貯まっているおしっこを抜いて貰ってきました。

 

出てきたおしっこを検査して貰った結果、「石はない」とのこと。

良かったー!尿結石のためにお高いフードを食べてるのに、これで尿結石になったらもう何をご飯にあげたらいいのかわからない所だった。。。

 

検査結果で、高かったのは血液の値。確かにおしっこに血が混じってた…。

過去、腎不全の一歩手前まで行ってしまったのですが、今回は腎臓はまだ正常だったそうです。よかった。

 

結局、診断は膀胱炎。

尿道のつまりは、血液もしくは炎症のせいだろうということになりました…。

血液か炎症が尿道で詰まってしまったとの予想です。

お薬を2種類貰って診察終了。

 

実は、膀胱炎も2回目。前も尿結石ではなさそうなのにおしっこが出ない…ということがありました。。

本当にうちの猫、尿道のトラブルが絶えないなあ…。

 

スポンサーリンク

最後に

今回、上に書いた通りおしっこは出ていたと思っていたので、「時間置けば治るかなあ」と楽観視している私もいました。

だけど、「何となく様子がおかしい」と直感を信じて病院に行っておいてよかったです。

おしっこが出ないと本当にすぐ命にかかわってくるので、今日行っておいて本当によかった。

 

うちの猫は膀胱のトラブルがなかなか絶えないんです。

何やかんや年に2回位はおしっこトラブルで病院に行ってる気が…。

今まで猫を4匹飼ってきて、こんな猫は初めて。。

今9歳で、もうおじいちゃんなんで…これからも体に負担がないように、うまいこと治療しながら膀胱と付き合っていきたいと思っています。