夏休みの幼児の外遊びは家庭用プールがおすすめ!0歳児から遊べます

おすすめ記事一覧
スポンサーリンク

夏休みの子供の遊びはお家プールがおすすめ

夏休み。どこに行っても人が多いし、毎日出かけるのは金銭的にも辛い。

熱中症が怖いし公園も行きたくない。

友だちと遊ぶ約束をしてくるような年齢ならいいけど、小さいとママが1日中付きっ切りで大変。毎日毎日何して遊んだらいいのかもわからない。

そんな時、私は「お家プール」がおすすめです!

 

お家プールのいい所

子どもが喜ぶ

何といってもこれが1番!子どもって水が好きじゃないですか?我が家の子供は大好きです。

お風呂場でも延々と遊びたがります。

勿論プール遊びも大好き!ただ水があるだけなのに楽しそうにしています。

 

涼しい

夏といえば、熱いです。家にいると冷房代も馬鹿になりません。

プールだと冷たくて冷房も必要ないし、汗っかきな子どもの汗疹対策にもなります。

 

子どもが疲れてくれる

プール遊びって、自分が思っている以上に体力を使うみたいです。

プールで遊んだ後の子供はぐっすり。夜もよく寝てくれます。

 

親は見てるだけで大丈夫かも?

プールは水なので危険もあり、親の監視は必要です。

だけど、プールだと子どもは自分だけでも遊んでくれることも多いので、監視だけで大丈夫なことがあります。

ずっと子どもと一緒に遊ぶのって大変ですもんね。

 

水代はかかるけれど、外出よりは安い?

お家プールにかかるお金といえば、「水道代」。

プールをしたら、水道代がすごく高くなりそう…と思いますが、家庭での水道料金の平均は「お風呂1杯分」で約30円位。

1回外出したら、ガソリン代だけでこれ位かかりますよね?電車代だともっとかかります。

お家プールなら30円でたっぷり楽しめてしまうんです。

 

庭がなくてもプール遊びは出来ます

プールをするには庭がいるし…と思っている方。庭がなくても、意外とプールは出来ます。

小さいプールならベランダでもできますし、ベランダがなくてもお風呂で出来ます。

私もアパート時代はベランダが水回りから遠かったこともあり、お風呂でしていました。

お風呂に浅くお水をいれて、おもちゃを渡しても子供は楽しく遊んでくれます。

お風呂だと片付けも手軽でいいですよね。

私は洗い場に椅子を持ち込んで、子どもの様子を見ていました。

 

監視は必須!絶対目は離さないで

お風呂にしろ、外でプールするにしろ、子どもの監視は必須です。

絶対目を離さないでください。

水遊びには危険がつきものです。「子どもは10cmの水で溺れる可能性がある」と言われています。

 

以前、こんな事故がありました。子供2人を浴室で遊ばせていて、数分目を離した隙に子どもが溺れてしまった、というもの。この子は悲しいことに亡くなってしまいました。

水は数cmしか入っていなかったようですが、その内の一人の子供が蛇口をひねって水を出してしまったようです。そして、増えた水によって溺れてしまう…。

水が少ないから…と安心していても、予想外のこともあります。

くれぐれも、監視はしっかりとしてくださいね。

 

夏が終わったらボールプールとしても遊べます

子どもはボールプールも大好き。我が家の下の子も0歳の時から大好きです。

プールは夏にしかできませんが、ボールプールなら年中遊べます。

夏をすぎたら、プールをそのままボールプールとして遊んでみてくださいね。

また、ボールプールじゃなくプールをキッズスペースとして使っている人もいるみたい。

 

スポンサーリンク

おすすめのお家プール

プールはどこで買えるの?
ホームセンターで買えます。他にもトイザらスや西松屋・バースデイなどのベビー用品店にも置いてあります。(1,000円~)
2018年は3coinsで500円で販売されたビニールプールが可愛いと話題になりました。
通販でも買えるので、買いに行くのが大変な方は通販を検討してくださいね。
以前、こんな記事を書きました。

子どもの水着や水遊びパンツは、西松屋やしまむら等安いお店は8月に入る頃には売り切れてしまうので、早めに購入しておいた方がいい、という記事です。

家の中の場合は水着がなくてもいいですが、庭など他の人の目に触れる可能性のある場所でする場合は、このご時世水着を着せておいてあげたいです。

ビニールプールも8月に入るとセールになったりして一気に売れてしまうので、店頭ではあまり購入することが出来なくなります。(通販だと結構遅くまで購入できます)使用予定のある方は、早めに購入しておいた方がいいです。

 

空気入れ不要のプール

個人的なおすすめがこの「空気入れが不要」なタイプ。

プールに空気を入れるのって、なかなかの重労働です。(ダイエットにはよさそうですが…)

しまう時も空気がなかなか抜けなかったり、キレイに畳めなかったり。

空気を入れるタイプだと「遊んでいる途中で空気が抜けてしまう」こともありますが、それもありません。

 

この空気入れが不要なタイプだと遊びたい時にすぐ水が入れられて遊べるのも魅力。

欠点を言うならば、
●水を大目に入れないとしっかり淵の部分が立たないこと。(なので深い水だと危ない、0歳~1歳位の小さい子どもには向かないかもしれません)
●キレイな丸にならないこと(そんなに気にならないですが…)
●淵を簡単に押せてしまうのでこぼれやすいこと(もたれるとこぼれます)
ですかね。

後底が薄く感じます。(でもこれは空気を入れるタイプでも同じかな)

 

ビニールプール

オーソドックスなビニールプール。

空気を入れる手間はありますが、上の空気をいれないタイプと違って淵の部分がしっかりしているので、浅い水でも楽しめます。

底にも空気が入るタイプだと、庭に引いてもデコボコしなくて安全&小さな子にも安心です。

 

屋根付きのプール

日焼けが気になるお子さんには、こんな屋根付きのプールも売っています。

我が家も去年、まだ0歳児だった下の子用に屋根付きを購入しました。我が家が購入したのはこれ。


ME-7611/57424【ビニールプール 家庭用プール】プール/INTEX(インテックス) プーベイビープールシェード付きME-7611/57424 屋根付 サンシェードプール【クッション底】【家庭用プール】子供用 日よけ

プーさんの片側が日よけになっているタイプです。

日の向きや高さによって方向を変え、日が当たらないようにして使用しました。

このプール、画像を見て貰ってもわかる通り、水を入れる部分が浅いです。そして、床部分にも空気が入るのですわりごこちもいいです。なのでお座りで水につかって遊ぶだけの0歳児にはぴったりでした。

(※浅くても子供は溺れてしまう可能性があります。目は離さないでくださいね。)

 

大型のビニールプール

庭が広い方だと、見てるだけでわくわくする大型プールもあります。

こんなプールが家で出来たら絶対楽しいですよね。

上のは高いですが(笑)、1万~で結構豪華な物が買えます。

こういう小さいスライダーのついたタイプなら、5,000円程。

 

ベビーバス

小さい子におすすめなのがこのベビーバス。これがあればお風呂場やベランダでも手軽に遊べます。

赤ちゃんの新生児時代使っていたものが残っていたら活用できるのも嬉しい。

 

スポンサーリンク

プールと一緒に遊びたいおもちゃ

水鉄砲

子どもって何でこんなに水鉄砲が好きなんですかね。

水鉄砲を与えておけば、一人でも大人しく楽しく遊んでくれます。

ただし周りの家に迷惑がかからない広い庭のお宅に限りますが…。(我が家は無理なので、実家で遊んでます)

以前紹介した、3coinsのタンク型水鉄砲もおすすめです。3歳の息子も楽しそうですが、それ以上のお子さんだともっと楽しめると思います。

 

しゃぼん玉

3歳を過ぎると一人でしゃぼん玉が上手に吹けるようになります。

それ以下のお子さんでも、親が吹いてあげると喜びます。

水の中なので泡がついても気になりません。

 

100均のお風呂おもちゃ

我が家がよく使うのはこれ。100均のお風呂用のおもちゃです。

●金魚すくい、魚釣りのおもちゃ
●小さい浮き輪(飲み物を浮かべる物)
●アヒルのおもちゃ
●船やモーターボートのおもちゃ
●じょうろ

などなど。沢山種類がある上、1つ100円なのでいっぱい買って日替わりで出します(笑)

※浮き輪のおもちゃは、本物の浮き輪ではないので浮き輪としては使えません。浮かべて遊びます。

 

砂場セット

砂場セットも水遊びで使えます。

我が家の子供はじょうろは勿論、バケツやスコップ(シャベル)で水をすくったり、砂を運ぶダンプカーのおもちゃで水を運んだりしています。

 

ボール

ボールプールって子どもは大好きですよね。水に浮かべると喜びます。

投げたりするので場所が必要だし、掃除が大変なのであまりお勧めはしません…。笑。

 

ペットボトル

空のペットボトルも、水遊びではおもちゃに変身。ペットボトル一つあれば、水をいれたりして遊びます。

穴をあけてジョウロにしたり、2つに切って1つはコップ、1つはジョウゴにして遊んだり。(切り口にはビニールテープを貼ってくださいね。)

リメイクしてより楽しいおもちゃにすることもできます。

 

スポンサーリンク

最後に

子どもが楽しんでくれ、涼しく、金銭的にもそこまで痛手じゃないプール遊び。

夏、是非遊んでみてくださいね。