子供2歳1か月、お風呂で溺れかけた話。

2歳
スポンサーリンク

2歳の下の子がお風呂で溺れました。

お風呂のお湯を貯めながら、2階に物を取りにいっている隙に、2歳1か月の娘が浴槽に落ちて溺れかけていました。

もうないように、反省の意味を込めてブログに書いておきます。。

 

経緯

その日は、普通の平日。

いつもは子供が2階で遊びに夢中になっている間に旦那がお風呂にお水を入れにいくことが多いのですが、その日は旦那が電話をしていたので、私がお風呂にお水を入れに行きました。

 

お風呂に水を入れようと1階に降りてきた私についてきて1階に来た娘と息子。(息子はたまたま?ですが、娘はまだ後追いがあるので基本的に私の後をついてきます。)

お風呂場の隣の部屋で2人で遊びだしたので、そのまま遊ばせておきました。

 

そして私はお風呂へ。栓をしてお湯張りボタンを押した後、洗濯機を回して脱衣所を軽く掃除していた時にゴミ袋が切れていたのに気づいたので、2階に新しいゴミ袋を取りに行きました。

 

2階にゴミ袋を取りに行くのにかかった時間は、長く見積もっても1分程度だったと思います。

そのゴミ袋を取りに行っていた間に、娘がお風呂で溺れてしまいました。

 

娘の溺れた経緯は恐らくこう。

息子と2人で遊んでいたけれど、ふと「ママがいない」と気付いたorお風呂から水の音が聞こえたのかな?

娘はお風呂が好きなので、お風呂を覗きに行く→浴槽を覗きこんで、そのまま頭から浴槽に落ちたんだと思います。

 

お風呂といってもまだ水を貯め始めたばかり。水深は15cm程でした。

特に大きな物音もなく、静かに落ちたみたいで全然わかりませんでした。。

 

脱衣所に行ったらお風呂場からいつもと違う音が聞こえてびっくり。

慌ててお風呂から娘を抱き上げました。

 

溺れたといっても、長時間ではなかったみたいで、暫く咳き込んではいたもののすぐ本調子に戻ったので本当に良かったです。。

 

その後の様子

その日のお風呂は怖がって私から離れなかったものの、お風呂から上がってからはいつもの調子に戻りました。

 

その後お風呂好きなのも変わっていません。

トラウマにならなくてよかったけど、またお風呂を覗きに行ってしまう可能性があるのは怖い、、。

 

スポンサーリンク

反省点と学んだこと

我が家は、基本的にお風呂に水はためておかないようにしています。

なので、お風呂は入る直前に入れて、沸いたらすぐ家族全員でお風呂に入り、水はその場で抜いています。

子供が溺れたら危ないので。

 

だけど、水を入れる時も気を付けないといけない。

そんな当然なことに、注意が欠けていました。

 

よく聞く

●子どもは静かに溺れる

●水深10cmの場所でも子供は溺れる

これも当てはまっていたと思います。

水深はたった15cm程でしたし。

娘は暴れていたのでそこまで静かではなかったのですが、洗濯機の音などの生活音にかき消されていました。

こんな簡単に子供って溺れてしまうんだなあ…。怖かった。

 

これからは水を張る時も子供から目を離さないように。。

水を入れている時は、お風呂場に鍵をかけておこうと思います。

 

娘が無事で、本当に良かった。